現在のカゴの中

商品点数:0点

合計金額:0円

カゴの中を見る
日本台湾茶協会
ペットボトル今年も始めました

*

謝さんの茶園で作った凍頂烏龍茶 80g

台湾・凍頂山一帯で謝さんが丁寧に作った清新な香りが特徴の台湾茶の中で最も有名な烏龍茶です。

販売価格(税込) 1,080 円

プーアル茶 5g×100P

緑茶を黒麹菌の作用で10年間熟成、発酵させたお茶で、まろやかな風味に仕上げました。健康にもお薦め。

販売価格(税込) 1,836 円

黒茶烏龍茶 5g×40P

烏龍茶ポリフェノールが豊富な健康サポート茶。水出しも出来る、1リットル抽出用ティーバッグです。

販売価格(税込) 972 円

東方美人 40g

東方美人は、台湾で生産される台湾茶で、台湾の苗栗縣・新竹縣一帯で手摘みで採取されて作られる重発酵烏龍茶で、蜜のような香りが特徴です。

販売価格(税込) 1,080 円

新着情報RSS

2017年03月01日
FOODEX JAPAN2017に出展いたします!
2017年 3月7日(火)~10日(金)幕張メッセで行われるFOODEX JAPAN2017に出展いたします。
2016年07月01日
凍頂烏龍茶ペットボトル販売開始!
今年も凍頂烏龍茶のペットボトルの販売を開始しました。
2015年04月17日
【ハブ茶 (決明子)】商品価格改定のお知らせ
平素は弊社通信販売をご利用頂き、誠にありがとうございます。
この度、原料価格の高騰及び円安の影響により、2015年6月1日から
【#119 ハブ茶 (決明子)】の価格改定をさせて頂くことになりました。

改定前 (税抜)¥400

改定後 (税抜)¥500

これからもお客様に喜ばれるサービス向上に努めてまいりますので、
ご理解を頂き、変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
2015年03月25日
毎朝スッキリシリーズ新発売!
従来の商品に漢方でも広く使われ、特に毎日のリズムが気になる方におすすめの決明子を配合しました。現在オンラインストアでご注文いただいたお客様に【毎朝スッキリ バラの紅茶】お試し用サンプルをお配り致します。(無くなり次第終了させて頂きます)是非、この機会にオンラインストアご利用ください。
2015年03月13日
送料無料サービス改定のお知らせ
平素は久順銘茶オンラインストアをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
この度、送料無料サービスを改定させていただくこととなりましたので、お知らせ致します。

これまで、なるべくお客様にご負担がかからないように対応してまいりましたが、原料価格の高騰および円安の影響により、企業努力のみでのコスト吸収が困難となってまいりました。
つきましては、できるだけ現行の商品価格を維持する為、甚だ不本意ではございますが、2015年6月1日(月)より、送料無料の対象となる金額を改定させていただきます。

現行(2015年6月1日(月)午前10時受注分まで):
1配送先につき、ご注文金額4,000円(税込)以上で送料無料。
     ↓
改定後(2015年6月1日(月)午前10時以降の受注分より):
1配送先につき、ご注文金額5,400円(税込)以上で送料無料。

これからも、お客様に喜ばれるサービス向上に努めてまいりますので、
ご理解をいただき、変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
2014年03月12日
消費税法の改正に伴う消費税率変更
平素はダッシュストアをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
さて、4月1日より消費税法の改正に伴う消費税率変更につきまして、
当ストアにおきましては、下記の通り適用する予定となります。
お客様におかれましては、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

・2014年3月31日までにご注文いただいた商品 消費税率5%

・2014年4月1日以降にご注文いただいた商品 消費税率8%

※3月31日までにご注文されたお客様が何らかの事情でキャンセルし、
4月1日以降に同じご注文をされた場合は消費税率が変更になりますので
ご注意下さいますようお願い申し上げます。
2013年12月05日
弊社商品の安全性に関する見解書
この度、他社の烏龍茶製品から基準値を超える残留農薬が検出されたことを受けまして、弊社商品の安全性に関する見解書を作成しました。

1.台湾と日本の残留農薬基準
 台湾の残留農薬基準値はEU輸出にも対応できるように定められており、全体的に日本の基準値よりもはるかに厳しく設定されているのが現実です。台湾でも中国からの輸入農産物には日本以上に厳重に調査している為、中国や台湾で使用される可能性のある農薬は一斉検査項目に網羅されております。今回他社で検出されたフィプロニル(台湾基準値:未検出/日本基準値:0.002ppm)とインドキサカルブ(台湾基準値:0.05ppm/日本基準値:0.01ppm)に関しては、台湾の烏龍茶生産には使用されることの無い農薬ですので、弊社でもこれまで検出されたことはありません。

2.台湾と中国の茶園管理の違い
 中国の残留農薬基準はゆるく、検査項目も少ないので、日本に輸入される原料の安全性は輸入者側で確認するしかありません。弊社が中国の農園で生産した原料(プーアル茶など)を日本に輸入する際は、敢えて台湾を経由しております。台湾で最終管理をすることで、安全が確保されると考えられるからです。

3.台湾と中国の茶葉輸出時の対応
 台湾は2kg以上の茶葉原料を日本に輸出する際には、それがたとえ個人宛の郵送物であろうとも、必ず全項目の残留農薬検査が義務付けられています。つまり、日本の残留農薬基準値を超えるものは輸出することが出来ません。弊社でも、荒茶の時点で全ロット残留農薬検査を実施し、安全性を確認しています。

4.日本輸入時の税関検査
 弊社は、税関での検査対象業者に指定されております。その理由は、弊社の烏龍茶は台湾から日本に輸入される茶葉のおよそ4分の1を占めているであり、弊社が輸入する原料を抜き打ち検査することが台湾産の茶葉の安全性を確保することに繋がると考えられるためです。弊社は毎年120トン以上の茶葉を台湾から輸入していますが、一度も残留農薬などで問題になったことはありません。

以上のような理由から、弊社の茶葉製品に関しては安全を確認しておりますので、ご安心ください。
2013年12月01日
久順銘茶ダッシュストアをリニューアルオープンいたしました。
リニューアルオープンに際してキャンペーンを行っております。ぜひご利用ください。

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名また商品コードを入力

営業日カレンダー

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

※赤字は休業日です

PAGE TOP